トランプさんの一言でアメリカ合衆国とキューバの関わりリペアに水を差す?

11毎月25太陽に90年代で死去したキューバの前国々評議会議長、フィデル・カストロさんが死去したことに対し、次期米大統領のドナルド・トランプさんが

「60年代以上に渡り自一般人を克服してきた残忍な独裁やつが死んだ」

と発言した。オバマ政権下ではキューバとの間柄修復に力を入れ、今期7月に1961年代以来の国交改修にこぎつける場合まで進んでいたのだが、トランプさん制する次期政権ではこいつに逆行するような動きをする可能性も出てきた。

カストロさんはかつてUSAの傀儡政権と呼ばれたフルヘンシオ・バティスタ政権をキューバ世直しで倒し、後々、当時最大の敵国ソ連とアプローチを結んだということもあり、USA近辺としては簡単には受け入れられないのも理解できる。ただし、一方では2008年代より後を引き継いだ弟のラウルさんが2018年代で僕を退くことが確定してあり、これまでの反米針路が適正ではないことを認識しているのも確かで、理解は困難がそこは考慮するニードがUSA側にもあるだろう。無論、キューバの後を継いですやつたちとUSAの新政権との押し問答によっては60年代前に後戻りもなくはないので、予知は許さないコンディションなのは明々白々。

来たる2017年代、USAとキューバはどういった間柄になっているのか、現時点では思考もつかないが、かつての険悪な間柄に戻らない事態だけを祈りたいものである。タカラトミー株を購入するときの証券会社はGMOクリック証券 → xn--n8j9k5btbyh9bxh7316bxuepx0i.com